サービス

エアバス、4四半期連続赤字 7~9月、コロナ影響続く

 欧州航空機大手エアバスが29日発表した2020年7~9月期決算は、最終損益が7億6700万ユーロ(約940億円)の赤字だった。前年同期は9億8900万ユーロの黒字。赤字を計上するのは19年10~12月期から4四半期連続となる。売上高も前年同期比27%減の112億1300万ユーロとなった。

 新型コロナウイルス流行により航空機需要が大幅に落ち込んだ影響が続いた。米大手ボーイングも20年7~9月期に赤字を計上しており、二大航空機メーカーの苦境が続いている。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus