話題・その他

ニトリHD、島忠争奪戦に名乗り 高額提示で

 家具大手のニトリホールディングス(HD)は29日、ホームセンターを展開する島忠の完全子会社化を目的とするTOB(株式公開買い付け)の計画を発表した。島忠をめぐっては、ホームセンター大手のDCMホールディングスが完全子会社化を目的にTOBを11月16日までの期間で実施中で、ニトリHDはDCMに対して対抗的TOBを宣言した形だ。

 ニトリHDのTOB開始は11月中旬で、提示した買い付け価格は1株5500円と、DCMの4200円を1300円、約3割上回る。全株取得した場合の買収総額は2142億円超となる。

 創業者の似鳥昭雄会長は29日都内で開いた記者会見で、島忠との経営統合に関し「ホームセンター事業への参入を長らく検討してきた」と述べた。数年前にも一度、金融機関を介し島忠の意向を探ったという。

 今回、ニトリが島忠と経営統合を狙うのは、ホームセンター事業への参入が最大の狙いだ。ニトリは家具や寝具、小型家電など家庭内商品を手掛けてきたが、住まい全般への領域拡充を目指す中で、家具販売からホームセンター事業までを展開する島忠との親和性が高いと判断したという。

 ニトリからの提案書を受け取った島忠は、同日コメントを発表。DCMの実施するTOBに賛同表明をしているが、「ニトリとも誠実に協議を行い、企業価値の観点から慎重に検討する」とした。

 29日の東京株式市場で島忠株の終値は前日比3・47%上昇の5060円で、DCMのTOB価格4200円を上回っている。DCMはニトリのTOB計画について「現時点でコメントはない」としているが、ニトリが高額の買い付け価格を提示したことで、DCMはTOB成立に向け、価格戦略の見直しが迫られる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus