メーカー

DCMホールディングス、島忠TOBの期限を延長

 DCMホールディングスは16日、島忠への株式公開買い付け(TOB)の期限を16日から12月1日まで延長すると発表した。島忠がDCMによるTOBへの賛同を撤回し、買い付け条件が変わったため、株主が判断する時間を提供する。買い付け価格は1株4200円のままで変更しない。島忠をめぐっては、家具・日用品大手のニトリホールディングス(HD)も16日にTOBを始めた。ニトリがDCMを上回る5500円の買い付け価格を提示しているほか、島忠もニトリへの賛同に転換したため、ニトリによるTOB成立の公算が大きい。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus