メーカー

百貨店の10月売上高 1.7%減

 日本百貨店協会が24日発表した10月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比1.7%減だった。減少は13カ月連続。前年同月に消費税率引き上げで販売が落ち込んだ反動で、9月の33.6%減からは改善した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で訪日外国人客による免税売上高は91.8%減だった。一方、免税を除いた売上高は富裕層を中心に宝飾品など高額品が堅調で、4.8%増だった。プラスになるのは13カ月ぶり。物産展の再開や政府の需要喚起策「Go To キャンペーン」も集客に寄与した。

 免税売上高の比率が大きかった主要10都市の売上高は3.6%減。そのうち仙台、横浜、名古屋、神戸の4都市では前年水準を上回った。10都市以外は3.4%増だった。全店ベースの売上高は約3753億円。

 一方、11月は18日までの主要41店舗の売上高が、約13%減と再び悪化した。新型コロナ感染拡大の「第3波」に伴い、政府の「Go To」事業が見直されることなどから、今後さらに来店客が減少する可能性もある。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus