金融

東京証券取引所の宮原社長、システム障害で引責辞任へ

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所で10月に発生したシステム障害をめぐり、東証の宮原幸一郎社長(63)が辞任する方向となったことが30日、分かった。前例のない株式全銘柄の終日売買停止を招いた責任を取る。

 金融庁は同日午後、JPXと東証に対し金融商品取引法に基づく業務改善命令を出す方針。JPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)も午後、記者会見を予定しており、社内処分を発表する見通しだ。

 障害は10月1日朝に起こった。故障した機器を手動でバックアップ装置に切り替えたが、未成立の注文の扱いについて東証と証券会社側は事前に取り決めておらず、売買の終日停止に追い込まれた。

 宮原氏は東証の主要部門で長い経験を持ち、平成27年に社長に就任した。今年6月からはJPXのグループ共同最高執行責任者(COO)も兼務している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus