サービス

消防援助隊合同訓練に用地提供 ダイナムビジネスサポート

 ダイナムジャパンホールディングス(東京都荒川区)のグループ会社であるダイナムビジネスサポートは11月14日、「緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練」に同社が所有するグループの研修施設であるマリンピア豊浦ダイナム研修所(山口県下関市)を訓練用地として提供した。

 同訓練は、総務省消防庁、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、山口県、全国消防長会中国支部・四国支部、中国・四国ブロック緊急消防援助隊合同訓練実行委員会が主催。

 緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練とは、大規模災害時に被災地の消防機関だけでは対応できない場合に全国の消防機関が都道府県単位で部隊を編成して迅速に被災地で救助活動を行う消防応援制度のもと、緊急消防援助隊の技術および連携活動能力の向上を目的に行うもので、全国を6ブロックに区分し、1996年度から毎年実施している。2020年度は、山口県で豪雨および大規模地震が発生したとの想定により訓練が実施され、広島市・岡山市・北九州市の消防局指揮支援隊と、島根県統合機動部隊、岡山県統合機動部隊、広島県統合機動部隊、および陸上自衛隊第17普通科連隊、門司海上保安部、山口県警察本部が参加した。

 訓練は実施者に事前に進行やシナリオを与えることなく、想定のみを与える実践的なブラインド型訓練となるなか、ドクターヘリとの連携や一般事業者の重機との連携などの訓練が行われた。

 マリンピア豊浦ダイナム研修所は、04年6月に開設。総敷地面積13万坪、総床面積2420坪、収容人員274人となっている。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus