サービス

大阪・関西万博、各国へ呼びかけ開始 在京大使ら招き担当相「力強い協力を」

 井上信治万博担当相は2日、6カ国・機関の在京大使らを東京・霞が関の万博担当大臣室に招き、2025年大阪・関西万博への参加、協力を呼びかけた。日本政府は1日、オンライン方式で開かれた博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)の総会で、大阪・関西万博の事業計画などを定めた「登録申請書」が承認されたばかり。150カ国・地域からの招致を目指し、参加への働きかけが本格的にスタートした。

 2日、大臣室を訪れたのはベトナム、フランス、欧州連合(EU)、アラブ首長国連邦(UAE)、南アフリカ、ペルーの大使や臨時代理大使ら計6人。井上氏は、後発開発途上国などの万博参加を後押しするため、日本政府がパビリオンなどの出展費として総額1億8700万ユーロ(約240億円)の支援プログラムを予定していると紹介。大使らに対し「本国や地域の隣国、域内国などへの前向きなインプットや働きかけを含め力強いご協力を賜りたい」と呼びかけた。

 井上氏は「途上国への支援の話も高く評価するとの回答をいただいた。今後も大使らと直接会って協力をお願いできれば」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus