IT

ドコモの新プラン、国際比較でも最安値に肉薄

 NTTドコモが発表した新プランは複雑な条件がついた割引のないシンプルな内容で、若年層向けを前面に押し出した。平均的な利用では十分な20ギガバイトのデータ容量を約3千円の安さで提供する新プランは国際的にみても遜色ない水準で、消費者に歓迎されそうだ。ただ、第5世代(5G)移動通信システムの普及でデータ消費量の急拡大が見込まれており、変化しやすい若者の需要に合わせて市場競争を続けなければ支持を失うことになる。

 「20代の方の使い方に合わせると同時に(ブランドを)育てていきたい」

 1日に就任したばかりの井伊基之社長は3日の会見でこう強調した。新プランの発表は、企画に携わった入社3年目と5年目の若手社員がプレゼンする異例のお披露目となった。

 1カ月のデータ容量が20ギガバイトの料金プランを国際比較した総務省の調査で、世界最高値と批判されたドコモが最安の英ロンドンに一気に肉薄する。しかも、郊外ではつながらないようなロンドンとは比べ物にならない世界最高水準の通信品質も兼ね備える。

 民間調査会社のMM総研の調査では、令和2年2月時点で一般的な消費者の毎月の平均データ利用量は6・94ギガバイト。約3割が1ギガバイト以下にとどまっている。20ギガバイト以下の利用は全体の9割を占める。新プランはこうした市場の声に答えた形だ。井伊氏は「ニューノーマル時代の新しいプランだ」と述べた。

 ただ、5Gが広がれば大量のデータをやり取りすることが増える。そうなれば20ギガバイトという新プランも陳腐化してしまう。カギを握るのが、発表を見送った従来プランの見直しだ。

 これまで中容量のプランを作らず、高額大容量と低額小容量に2極化していたのは、5Gを見据えて顧客を大容量プランに移行させ、データを気にせず色々なサービスを楽しんでもらう意図があった。新プランは大容量プランに移った顧客を、20ギガの中容量のプランに引き戻してしまう側面もある。

 既存プランについて、井伊氏は「シンプルでお得な新しい料金に変えていく」と月内に見直し策を発表する考え。大容量のユーザーを引き止めて置けるような魅力的なプランを打ち出せるかがポイントとなる。

 携帯戦国時代の序盤戦はドコモが主導権を握りそうだ。だが、井伊氏は「料金プランをチューニングしていくのはあるべき戦略。(市場の変化に)気づかないと取り残される」と兜の緒を締めた。(高木克聡)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus