メーカー

好漁場の「潮目」を衛星で発見するサービス 京セラなど共同研究開始

 京セラなどは3日、好漁場の手掛かりとなる海の潮目を人工衛星で見つけるサービス実現に向けて研究を始めたと発表した。海流の画像を精細に分析する技術を用いて暖流と寒流がぶつかった際などにできる潮目を発見し、漁業の効率化につなげる。海流画像を解析して好漁場を探し当てることができるようになれば世界初の取り組みになるという。

 ベンチャーのアクセルスペース(東京都中央区)とオーシャンアイズ(京都市)の計3社で共同研究を始めた。アクセルスペースは超小型の人工衛星で撮影した海流画像を提供。オーシャンアイズは画像から潮目の場所を推定し、スーパーコンピューター上で海の状況を再現し潮目かどうかを検証する。京セラはドローンを飛ばして海面温度のデータを計測し、画像が潮目かどうかを検証する。

 京セラによると、人工衛星を活用した漁場予測は先行例があるが、海面の水温画像などを基にしたものが一般的で、予測範囲も広く、漁業者の経験や魚群探知機で絞り込む必要があった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus