サービス

胴体後方、水平尾翼も損傷 日航機トラブルで調査官

 那覇発羽田行き日航904便で発生した左主翼のエンジントラブルで、運輸安全委員会の航空事故調査官3人は5日、那覇空港で同機を確認するなど現地調査を始めた。調査官によると、新たに胴体後方の左側で長さ約30センチのひっかいたような傷と、左側の水平尾翼に何かがぶつかったような痕が確認された。

 日下順詞調査官は報道陣に「現在のところバードストライクの痕跡は見受けられない」と説明した。1年以内をめどに報告書をまとめる方針。

 日航や国土交通省によると、離陸から約5分後の4日午前11時50分ごろ、トラブルが発生。那覇空港に引き返し、午後0時25分ごろ緊急着陸した。乗客178人と乗員11人にけがはなかった。

 エンジン前部にある「ファンブレード」と呼ばれる羽根1枚が根元から折れ、別の1枚の先端が欠損。羽根を覆うケースにも亀裂があったほか、全体を覆うカウルの左半分がなくなっていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus