テクノロジー

はやぶさ2が持ち帰る「お宝」 生命の起源知る手掛かりか

 はやぶさ2が採取したとみられる小惑星リュウグウの試料は、ベールに包まれてきた太陽系の成り立ちや地球の生命の起源を探る大きな手掛かりになると期待されている。

 太陽系の天体は、約46億年前に原始太陽を取り囲んでいたガスやちりが集まって生まれたと考えられている。地球のような惑星は誕生時に高温のマグマに覆われたため成分が溶けて変性しているが、小惑星の多くは太陽から遠く低温のため太陽系初期の成分が残っているとされる。いわば太陽系のタイムカプセルだ。

 小惑星の地表は太陽からの熱や強い放射線などの影響を受けて風化しているが、地下の物質は太古の状態を鮮度よく保っているとされる。はやぶさ2は地下の物質採取も試みており、太陽系の歴史を知る極めて貴重な科学的試料になる。

 生命の起源を探るヒントも得られるかもしれない。生命をつくる材料であるアミノ酸などの有機物や水は、リュウグウのような炭素に富んだ小惑星に多く含まれるとみられ、これらが原始地球に衝突して運び込まれたとの仮説が有力だ。

 アミノ酸は原子の構成が同じでも、右手と左手のように立体構造が異なる2つのタイプがあり、生物のアミノ酸はほとんどが左手型。その理由は分かっていないが、リュウグウのアミノ酸に左手型が多いことなどが明らかになれば、生命の材料が小惑星からもたらされた可能性が高まる。リュウグウの水を構成する水素や酸素の同位体の割合が地球の海水と一致すれば、仮説がさらに有力になる。

 試料分析の責任者を務める東京大の橘省吾教授(宇宙化学)は「生命や海の材料がどのような形で宇宙から来たのか示される可能性がある。太陽系の初期の姿も科学的に議論できるレベルで明らかになるだろう」と期待を寄せる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus