IT

強すぎるドコモ「アハモ」 KDDIとSBのブランド戦略が岐路に

 NTTドコモが格安ブランドではなく、本体ブランドの中に新料金プラン「ahamo(アハモ)」を導入した大幅な携帯電話料金引き下げを表明し、業界内に激震が走っている。格安ブランドでの新プラン導入を発表していたKDDI(au)とソフトバンクは、開始前から修正対応を迫られる。

 「市場に対して一定のインパクトはある」。KDDIの東海林(しょうじ)崇副社長は9日の新サービス発表会で、ドコモが来年3月に導入するアハモをこう評したが、対抗策の中身には言及しなかった。

 本体ブランド内の新料金プランでデータ通信料20ギガバイト、月額2980円の低価格を実現したアハモに対し「すごすぎる」「完全にドコモの独り勝ち」などと、利用者のみならず関係者からの評価はうなぎ上りだ。競合にとっての懸念はこのまま高評価が定着し、携帯市場がアハモ一色になってしまうことだろう。

 KDDIとソフトバンクは、それぞれの格安ブランド「UQモバイル」と「ワイモバイル」に20ギガで月4千円前後の新プランを導入予定。総務省の求めに応じ、格安から本体ブランドに乗り換える際の煩雑な手続きや手数料をなくせば「ネット手続き特化のアハモより手厚い対応もできるので十分戦える」とする関係者もいる。

 だが、それでもアハモが両社の新プランより1千円以上安く、シンプルで分かりやすい内容なのもまた事実。KDDIやソフトバンクの料金担当者らは「年内に何らかの対抗策をひねり出し流れを変えようと必死だ」(関係者)という。

 もっとも、ドコモは月内に既存の大容量プランの値下げも発表する予定で、この全容が判明しなければ、身動きがとりにくいジレンマも抱える。ソフトバンクはワイモバイルの新プランを12月下旬に導入予定だが、ドコモの動きを見極めるため「先送りする可能性もある」(関係者)。

 KDDIやソフトバンクは、多様化する顧客のニーズに複数ブランドで対応してきた。本体ブランドを大容量プランとする一方、シンプルでお手頃価格の格安ブランドをグループ外への顧客流出抑止やドコモからの新規顧客獲得の受け皿とし、その中で大容量通信を求める顧客がいれば本体ブランドへの乗り換えを促す戦略だ。強すぎるアハモは、この戦略を機能不全にするインパクトをはらんでいる。(万福博之)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus