話題・その他

バイト休業補償「対象外」 一風堂、緊急宣言で時短

 首都圏1都3県を対象とした緊急事態宣言を受け、営業時間を短縮している博多ラーメン店「一風堂」の一部店舗で、短縮に伴い勤務シフトが減ったアルバイト従業員に対し、休業補償の対象にならないと伝えていたことが、13日分かった。従業員が加入する労働組合「飲食店ユニオン」が記者会見し、明らかにした。労組は補償を求めている。

 一風堂を展開する「力の源ホールディングス」(福岡市)は取材に「事実確認中で、回答は控えたい」としている。

 労組によると、一風堂は宣言を受け1都3県にある店舗の営業時間を午後8時までに短縮しているが、横浜市内の店舗に勤務する組合員のアルバイト男性(29)は店長から「シフトが既に出た1月前半は休業補償が出るが、後半はシフトが確定していないので補償の対象外」と説明されたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus