IT

KDDI、大手最安20ギガ2480円 新ブランド「povo」発表

 ■5G無制限も値下げ

 KDDI(au)は13日、データ容量20ギガバイトで携帯大手最安の月額2480円(税別)に設定した新ブランド「povo(ポヴォ)」を発表した。容量無制限のプランでは、ソフトバンクと同じ月額6580円の新料金「使い放題MAX」を導入する。第4世代(4G)移動通信システムでは1070円、第5世代(5G)では2070円の値下げとなる。いずれも3月から提供する。

 20ギガバイトのpovoは、月2980円のNTTドコモとソフトバンクを下回るが、両社が無料とした5分以内の通話かけ放題を利用すると、500円の追加料金がかかり同額になる。ドコモの格安料金プラン「ahamo(アハモ)」、無料通信アプリLINE(ライン)を活用したソフトバンクの新ブランドと同様に、オンライン手続き専用のブランドとして提供する。高橋誠社長が同日、オンラインで記者会見し「大手3社の中で最安値を目指した」と説明した。

 利用者がオンライン会議などで一時的にデータ容量を増やしたい場合には、追加で200円を払えば24時間に限り使い放題にする。

 KDDIは昨年10月、格安ブランドの「UQモバイル」で20ギガバイト3980円の月額料金導入を発表していたが、今回25ギガバイトで3480円などのプランに見直した。2月1日から利用できる。

 ドコモとソフトバンクの2社は昨年12月に新料金プランを明らかにしており、高橋氏は対抗策を1月に発表する方針を表明していた。

 昨年4月に参入し大手3社を追う立場の楽天モバイルは、容量無制限で月2980円に設定している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus