IT

サムスンが新型スマホ「S21」シリーズ発表

 韓国サムスン電子は14日、スマートフォン「ギャラクシーS21」シリーズ3機種を発表した。第5世代(5G)移動通信システムに対応し、処理速度を高めた。最上位モデルは別売りのタッチペンに対応し、画面に文字を書いたり、機能を操作したりできる。日本での発売は未定。

 米調査会社IDCによると、2020年7~9月期の市場シェアはサムスンが22・7%と首位。主力機種の投入で、米アップルや中国勢の追い上げをかわしたい考えだ。

 画面サイズは、S21は6・2インチ、S21プラスは6・7インチ、S21ウルトラは6・8インチ。S21とS21プラスはカメラレンズが三つ、S21ウルトラは四つ搭載。米国での価格はS21は799・99ドル(約8万3千円)から、S21プラスは999・99ドルから、S21ウルトラは1199・99ドルから。

 サムスンは環境に配慮し、イヤホンと電源アダプターを付属品で同梱しない。この取り組みは、アップルが昨年発売した「iPhone(アイフォーン)12」シリーズで実施した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus