PC Watch

風水害時の通行可能ルート表示 NECが実証実験、発生箇所を迂回

 NECは、風水害時の災害発生箇所を迂回(うかい)し、通行できる可能性の高いルートを表示する防災マップシミュレーションの実証実験を行った。

 東京都の「官民連携データプラットフォーム データ利活用実証プロジェクト」の一環として実施した。今回の実証実験では、2019年10月12、13日に台風19号(東日本台風)が上陸した際の多摩川を含む大田区、世田谷区、練馬区、品川区の4エリアに関するオープンデータや、ツイッターの投稿情報や人流データ、行政が所有する被害実績のデータを収集・解析し、避難時や物資運搬の際の推奨ルートを表示した。

 収集した人流データやツイッターの投稿情報は個人情報を保存せず、統計データとして利用することでプライバシーにも配慮している。

 今後は大田区、世田谷区、豊島区、江東区の防災行政従事者やセブン-イレブン・ジャパン、日通総合研究所などと協力。災害時に本シミュレーションを利用する配送業者や小売業者および避難者を想定し、災害発生箇所を迂回したルート表示を行うサービスの導入意向や導入に際しての課題などを抽出する。技術面でもデータの掛け合わせ方法や、情報の精度向上を計り実装を目指すとしている。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus