サービス

ピーチ機内でマスク拒否トラブル 男を威力業務妨害容疑で逮捕

 格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション機内で令和2年9月、新型コロナウイルス対策のためのマスク着用を拒否してトラブルとなり、運航を妨げるなどしたとして、大阪府警捜査1課は19日、威力業務妨害と傷害、航空法違反容疑で、茨城県取手市、明治学院大非常勤職員、奥野淳也容疑者(34)を逮捕した。「事実と違います」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年9月7日、釧路発関西国際空港行きの機内で大声で騒ぎ、30代の女性客室乗務員の腕をひねって軽傷を負わせ、遅延させるなど、業務を妨害したとしている。

 同課などによると、奥野容疑者は離陸前、客室乗務員にマスクをするよう求められたが拒否。奥野容疑者の座席近くの乗客を別の席に移動させて離陸したが、付近の乗客からマスクをしないことをとがめられ、奥野容疑者は激高した。客室乗務員に「(客に)謝罪させろ」などと大声で騒ぎ、警告してもやめなかったという。

 そのため、機長が安全な飛行ができないと判断し、新潟空港に引き返して臨時着陸。奥野容疑者はそこで飛行機から降ろされた。関西国際空港への到着は当初の予定から2時間15分遅れた。

 ピーチ社は逮捕を受け、「運航の安全を確保するために法令にのっとった対応をした。今後も多くのお客さまに快適にご利用いただけるよう取り組んでいく」とコメントした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus