話題・その他

みずほ銀頭取に加藤常務が昇格 FG傘下の証券社長には浜本氏

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は19日、傘下のみずほ銀行の頭取に同行の加藤勝彦常務執行役員(55)を充てる人事を発表した。4月1日付。現頭取の藤原弘治氏(59)が就任から丸4年となるのを機に人事を刷新し、事業改革を加速させる。藤原氏はFGの副会長執行役員とみずほ銀会長に就く。

 同じく傘下のみずほ証券社長には4月1日付で同社の浜本吉郎常務執行役員(54)を昇格させる。

 加藤氏はハノイ支店長やソウル支店長を歴任するなど海外経験が豊富。2019年から名古屋市に駐在し、20年4月からは常務執行役員として中部地区の営業を取り仕切った。加藤氏は19日の記者会見で「今の収益力には満足していない。顧客に誠実に向き合う姿勢を行員に浸透させ、商売のやり方を変えていく」と意気込んだ。

                  ◇

【プロフィル】加藤勝彦氏

かとう・まさひこ 慶大卒。88年富士銀行(現みずほ銀行)。執行役員を経て、20年4月から常務執行役員。名古屋市出身。

 浜本吉郎氏(はまもと・よしろう)慶大卒。90年日本興業銀行(現みずほ銀行)。みずほ証券執行役員を経て、20年4月から常務執行役員。神奈川県出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus