メーカー

コンビニ既存店 1月4.9%減収

 日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した1月の主要コンビニ7社の既存店売上高は、前年同月比4.9%減の8150億円となり、11カ月連続のマイナスだった。新型コロナウイルス感染拡大により政府が緊急事態宣言を再発令したことで、外出自粛や在宅勤務といった動きが広がったことが影響した。

 来店客数も13.2%減で11カ月連続のマイナス。一方、1人が1回の買い物で使った平均額は9.6%増の710円90銭で、16カ月連続のプラスだった。

 緊急事態宣言を受けて飲食店の営業時間が短縮され、夜間は食品などが比較的好調だった。一方、観光地は「Go To トラベル」が全国で停止したことも相まって客数が低迷した。

 商品構成別では、イベントの中止などでチケットの手数料収入が減り、サービスが昨年12月の5.2%減から13.7%減と減少幅が拡大した。

 新規出店を含めた店舗数は0.6%増の5万5911店だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus