メーカー

1月の粗鋼生産3.9%減

 日本鉄鋼連盟は22日、1月の粗鋼生産量が前年同月比3.9%減の792万4000トンとなり、11カ月連続で減少したと発表した。新型コロナウイルス禍によるマイナス影響は残るが、減少率は昨年12月(3.3%減)と同様に小幅だった。主要顧客の自動車メーカー向けの需要が堅調で、一時の大幅な落ち込みから持ち直しの動きが続いている。

  

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus