サービス

京都に電気路線バス導入へ 関電、京阪バスなど実験的運行 

 関西電力、京阪バス(京都市)などは24日、営業用の電気バス導入に向けた協定の締結式を京都市のホテルで開いた。脱炭素社会の実現に向けた取り組みの一環で、京阪バスの1路線で電気バスを実験的に運行し、検証した上で複数路線への導入を目指す。

 会場となったホテルには実際に運行予定の車両と同じタイプを展示。電気バスは中国の大手電気自動車(EV)メーカーの日本法人ビーワイディージャパン(横浜市)が提供する。関電は電気の使い方を最適化するための実験に関わる。

 京阪バスの鈴木一也社長は記者会見で「二酸化炭素(CO2)排出削減につながる電気バスを活用し、環境対策と経済を両立させたい」と話した。

 京阪バスは車両の運行だけでなく、災害時に電気バスのバッテリーを事業用の非常用電源として活用することも検討する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus