メーカー

シャープ、液晶工場株を売却

 シャープは25日、テレビ向け大型液晶パネルを生産する「堺ディスプレイプロダクト」(堺市)の株式を売却すると発表した。議決権ベースで24.55%を保有する持ち分法適用会社で、完全に手放す。売却先との守秘義務契約を理由に、売却先の名称や売却額を非公表としている。今後もパネルの供給は受ける。堺ディスプレイは近年赤字で、売却により業績を安定させる狙いがある。堺ディスプレイは2009年に設立した。

  

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus