金融

みずほ銀に報告命令 金融庁、行政処分も検討

 みずほ銀行の現金自動預払機(ATM)障害を受けて、金融庁が銀行法に基づく報告命令を出したことが3日、分かった。障害の詳しい原因や再発防止策などを盛り込んだ報告を求めている。金融庁は障害発生後の顧客対応にも問題があったとみており、報告書を踏まえて業務改善命令などの行政処分も視野に慎重に対応を検討する。

 障害は2月28日に発生し、翌3月1日午後に全面復旧した。一時は、全国で稼働中のみずほ銀ATMの8割以上に当たる4318台が停止した。ATMに挿入したままキャッシュカードや通帳が戻らなくなり、顧客がその場に足止めされる事例も5244件起きた。

 この問題をめぐり、麻生太郎金融担当相は2日、「顧客が迷惑するのが一番の問題だ。(金融の)プロとして、いかがなものかという感じはする」と批判。加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、「原因究明、再発防止策の徹底が重要だ。金融庁がしっかりとフォローアップしていく」と述べていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus