メーカー

JCRファーマ 神戸にコロナワクチン原液工場

 医薬品製造のJCRファーマは4日、新型コロナワクチン原液の製造工場を神戸市西区の工業団地「神戸サイエンスパーク」内に建設すると発表した。同日、神戸市との間で土地の取得契約を結んだ。

 新工場は工業団地内の約2万平方メートルの土地に、平屋建ての製造棟と3階建ての事務棟を建設する。7月に着工し、令和4年10月に完成の見通し。総工費は約116億円。

 JCRファーマは、英製薬大手アストラゼネカから新型コロナワクチンの原液製造を受託している。アストラゼネカは日本政府との間で1億2千万回分のワクチンを供給する契約を結んでいる。このうち、3千万回分は輸入され、残りの9千万回分を国内で生産する。JCRファーマは新工場建設で原液の供給体制を整える。

 アストラゼネカのワクチンの保管温度は2~8度のため、通常の冷蔵庫で保管できる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus