メーカー

ホンダ世界初の「レベル3」自動運転車きょう発売 動画視聴可能に

 ホンダは4日、高速道路での渋滞時にシステムが走行を担い、前を見なくてもいい自動運転技術を搭載した高級セダン「レジェンド」を5日に発売すると発表した。自動運転「レベル3」に相当し、国土交通省によると市販車では世界初。車内モニターでの動画視聴などが可能になり、運転から解放される。完全自動運転の実現に向けた大きな一歩になりそうだ。

 自動運転に関する装置は、国が認める資格を持つ特殊な技術者が整備する必要があり、100台の限定生産でメンテナンスパックを付属したリース販売のみとする。一般の人も購入できる。メーカー希望小売価格は1100万円。

 これまでのレベル2では運転中にハンドルから手を離すこともできたが、運転の主体はあくまでもドライバーだった。レベル3では自動運転時はシステムが運転の主体で、ドライバーは前を注視する義務がなくなる。

 過疎地でのドライバー不足の解消といった課題解決に向け、運転手が必要なくなるレベル4以上への発展が期待される。各地で実証実験が行われており、米国や中国など海外勢を含めた開発競争が続きそうだ。

 レジェンドに搭載されたレベル3の自動運転機能「トラフィックジャムパイロット」は、高速道路で渋滞に遭遇し時速30キロ以下になると作動。システムが自動でハンドルや速度を調整し、止まったり発進したりする。自動運転時は運転手はスマートフォンの操作や車載モニターでの動画視聴が可能で、50キロ以上に速度が上がれば、システムが手動で運転するよう促す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus