テクノロジー

カシオペヤ座に新天体 三重の男性が発見

 国立天文台は、カシオペヤ座の方向に新たな天体が見つかったと発表した。三重県亀山市の中村祐二さんが18日夜に発見し、天文台に連絡した。

 その後、京都大が岡山県に設置する「せいめい望遠鏡」で確認した結果、活動の末期を迎えた恒星の表面で爆発が生じ、明るさが増したのを捉えたと判明した。14日に撮影した画像には写っておらず、明るくなっていく最中に観測した可能性がある。

 国立天文台は「天体捜索者と研究者の連携が良好に機能した」とコメントした。中村さんは過去にも新しい天体を見つけている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus