テクノロジー

火星ヘリの初飛行また延期、14日以降に 高速回転で異常か

 米航空宇宙局(NASA)は10日、11日に予定していた火星ヘリコプター「インジェニュイティ」の初めての試験飛行を14日以降に延期すると発表した。当初は8日頃としていた初飛行が再び延期された。

 火星ヘリコプターを運用するNASAジェット推進研究所によると、試験飛行に向けて、9日に翼を高速回転させるテストを実施したところ、問題が存在する可能性をシステムが検知。ヘリの安全を維持するために、テストを早期終了させる機能が働いたという。

 同研究所は「ヘリは安全で健全」な状態にあると発表。ヘリは情報を地球に向けて送信しており、担当チームがそれらを確認して問題を調査している。

 インジェニュイティの試験飛行は成功すれば地球以外で初めての動力飛行となるとして、注目を集めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus