メーカー

日立造船、大阪に水素関連事業拠点

 日立造船は12日、水素関連事業を手掛ける拠点「PtGスクエア」を大阪市の築港工場内に新設すると発表した。9月ごろ稼働を開始する。水素発生装置の組み立てや、水素と二酸化炭素(CO2)から都市ガスの原料となるメタンを生成する「メタネーション」の導入検証などを行う。日立造船の水素発生装置は、水を電気分解して水素を発生させる仕組み。従来は柏工場(千葉県柏市)で開発や生産を行っていたが、拠点集約のため1月に築港工場に移管した。柏工場は既に閉鎖した。

  

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus