テクノロジー

エヌビディアがCPU参入 アームの技術基にインテル猛追

 米半導体大手エヌビディアは12日、同社初となるサーバー向けマイクロプロセッサーの投入計画を明らかにした。米最大手インテルにとって最も収益性の高い市場に本格参入し、同社を猛追する計画だ。

 グラフィックス用半導体を手掛けるエヌビディアは、英半導体設計会社アームの技術を基に中央演算処理装置(CPU)を設計した。エヌビディアはソフトバンクグループからアームを買収することで合意している。

 エヌビディアは、スイス国立スーパーコンピューティングセンター(CSCS)と米エネルギー省のロスアラモス国立研究所がこのCPUの最初のユーザーになると発表した。

 CPUの開発コード名は「グレース」。エヌビディアのグラフィック処理装置(GPU)と緊密に連携し処理性能を向上。同チップ搭載システムは、エヌビディア製GPUとインテル製CPUを組み合わせて使う現システムの10倍の処理速度になる。市場への投入は2023年初めを見込んでいるという。

 ローゼンブラット・セキュリティーズのアナリスト、ハンス・モーゼスマン氏はリポートで「プラットフォームの技術革新のレベルは度肝を抜かれるほどであり、ライバルの半導体メーカーが対抗するには今後何年もかかる課題となろう」と指摘した。(ブルームバーグ Ian King)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus