メーカー

大ガス、宮崎にバイオマス発電所

 大阪ガスは15日、宮崎県日向市に木質バイオマス発電所を建設すると発表した。

 伊藤忠商事の関係会社などとの共同事業で出力は5万キロワット。2024年11月の運転開始予定で事業費は約350億円を見込む。電気は九州電力送配電へ供給する。

 建設や運営は大阪ガスなどが出資する日向バイオマス発電(大阪市)が担う。燃料の約1割は宮崎県を中心とする国産の木材を利用する。燃料の荷揚げや保管、輸送を地元企業に委託する。

 大阪ガスは再生可能エネルギーによる電力供給を30年度までに500万キロワットに引き上げることを掲げている。今回の事業化で大阪ガスの再エネ電源は約107万キロワットとなる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus