テクノロジー

星出さん3度目の宇宙へ 22日出発、船長に意欲

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の星出彰彦飛行士が国際宇宙ステーションでの長期滞在に向け、22日に米国の新型宇宙船クルードラゴンで出発する。宇宙飛行は3度目で、今回は日本人で2人目のステーション船長も務める。星出さんは17日(米東部時間16日)、同乗する3人とともに打ち上げ場のある米フロリダ州のケネディ宇宙センターに到着。記者会見で「チームをまとめてミッション(任務)に臨みたい」と意欲を見せた。

 2014年に船長を務めた若田光一飛行士によると、船長は作業の進行を管理したり、飛行士の体調を把握したりするなどの業務を担当。将来の月や火星探査に必要な水の再生技術なども研究する。

 クルードラゴンは米スペースXが開発した民間初の有人宇宙船。ステーション滞在中の野口聡一飛行士に次いで、搭乗は日本人で2人目。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus