メーカー

トヨタ、「水素燃焼」エンジン車を量産へ モータースポーツで技術向上

 トヨタ自動車は22日、脱炭素に向けた取り組みとして、水素を燃やして走るエンジン車を開発し、量産を目指す方針を明らかにした。走行時に二酸化炭素(CO2)を出さず、既存のガソリン車の部品を活用できるのが特徴。まずはモータースポーツの競技車両に水素エンジンを搭載し、技術の向上を図る。

 水素エンジンの仕組みは基本的にはガソリンエンジンと同じで、ガソリンの代わりに水素を使う。トヨタによると、水素はガソリンよりも燃焼のスピードが速く、運転時の加速などの反応がよいという。水素と酸素の化学反応で電気を発生させて、モーターを動かす燃料電池車(FCV)とは異なる仕組みだ。

 小型車「カローラスポーツ」をベースとし、水素エンジンを搭載した競技車両で、5月21~23日に富士スピードウェイ(静岡県小山町)で行われる24時間耐久レースに参戦する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus