IT

モニター越し「乾杯」の感覚 KDDIがグラス型端末

 モニター越しに杯をカチンと合わせて「乾杯」-。グラス型の端末が互いに接触するような感覚を通して、乾杯を疑似体験できる技術をKDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)が開発した。新型コロナウイルス感染対策の「オンライン飲み会」やイベントの動画配信での活用を想定し、実用化を目指す。

 内蔵したセンサーが端末の動きを検知し、相手側の端末に送信すると触感として伝わる仕組み。

 側面のWi-Fi接続ボタンを押して手を伸ばすと、互いのグラスが接触したような感覚が得られる。接触感の強さは、動きの速さに応じて変わる。

 飲み口が細くなったボトル型の端末もあり、片方の端末を傾けてお酌をしたり、1人でグラスを回して中身の揺れを味わったりするなど乾杯以外の疑似体験も楽しめる。いずれの動作も実際の飲み物は入れず、端末の中を空っぽにして使う。

 同研究所によると、実用化の時期は未定だが、コロナ禍が収束した後でもイベントのほか、離れた家族や友人の間での利用が見込めるという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus