話題・その他

WHO、東京五輪開催で日本の適切な対応確信

 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの世界的大流行が続く中で東京五輪が開催される場合には、日本政府などによる感染防止に向けた各種措置が適切に講じられることを確信していると述べた。

 WHOは公衆衛生上の観点から国際オリンピック委員会(IOC)などに助言を行い、開催の是非を判断する立場にはない。ライアン氏は「五輪が開催できることを願っている」と発言。「IOC、東京都、日本政府が(新型コロナの)危険性への対応について、適切な判断を行うと信じている」と述べた。

 選手団の感染防止策や観客受け入れ規模などについては「その時点での感染状況に左右されるので、日程が迫らないと決定できないものもある」と指摘。五輪は競技数の多さに加え、選手も世界各国から集まるため、他のスポーツ大会と比較して「複雑な行事だ。危機管理が問われる」とした。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus