自動車

トヨタ水素エンジン車レース完走 世界初、量産に向けスタート

 トヨタ自動車が開発中の水素を燃やして走るエンジン車が24時間耐久レースに挑戦し、23日完走した。トヨタによると、水素のみを燃料にして走ったのは世界初。二酸化炭素(CO2)を排出しない新たな車の量産に向けてスタートを切った。

 参戦したのは静岡県小山町の「富士スピードウェイ」で22日にスタートした「富士SUPER TEC 24時間レース」。カローラスポーツを改造した水素エンジン車を、トヨタの豊田章男社長がオーナーとドライバーを務めるチームが走らせた。福島県浪江町の太陽光発電で製造した水素を使用した。

 約4.5キロのコースを358周し、1周のタイムで通常のエンジン車を上回る場面もあった。自らもハンドルを握った豊田氏はレース後の記者会見で「未来の社会に向けて選択肢を広げることの第一歩を示すことができた」と強調した。

 同じく水素で走る燃料電池車(FCV)は化学反応で発電し、モーターを回すのに対し、水素エンジン車は、ガソリンの代わりに水素を燃やして動力を得る。既存エンジンの大部分を転用でき、CO2を排出しない。耐久性などが課題で本格的な量産は進んでいない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus