企業リリース

大運河の首都:生態文化観光の都市

共同PRWire

  

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105245252-O1-Q9kXW4en

 AsiaNet 89656 (1122)

 【淮安(中国)2021年5月21日新華社=共同通信JBN】中国・大運河の土手沿いに位置する古都・淮安は繁栄の地だ。運河、食べ物・・・固有の文化遺産がある淮安は、水の文化都市を訪れる世界中の観光客を魅了する。

 淮安は大運河が長江、淮河、黄河を結び付ける重要な拠点都市として、その昔は歴史的な水と塩の輸送拠点であり、「運河の首都」として知られている。大運河の淮安区域は流程68キロで、93の遺産地帯や川の順路と遺産スポットがある。淮安は大運河文化地帯の建設を強化し、「地理的な場所」から「文化的な場所」への変革を推進する。

 淮安は環境に配慮した生態回廊を創出し、大運河を「緑の山々」や「金色の山々」を開放する黄金の通路にしている。

 淮安は水に浮かぶ都市である。「水」は魂で、「自然」は優位性だ。淮安は里運河文化回廊と大運河科学地帯の建設を引き続き促進し、「都市と水の生態的接続」の都会的様式を構築している。大運河の4本の河川、里運河、古代の淮河と塩河が淮安を貫流し、5つの湖が散りばめられている。淮安には緑、水、文化といった要素が観光開発の全ての関係性に注入され、「緑が豊かな山々は黄金の山々」をいきいきと実践している。

 淮安は小説「西遊記」の著者、呉承恩の故郷である。淮安は小説文化を全力で促進し、現地の知的財産を革新的に創出した。Huai'an Xiyou Groupは「MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック」のプロデューサーの1つだ。それは世界的に高い評価を受けており、世界はより深く淮安を理解することができる。「西遊記」のDragon Palace(龍の宮殿)の章から、淮安は海洋公園を建設した。いまでは夏季で最も重要なテーマパークになっている。

 淮安は徹底的に文化を育み、小説のストーリーを採用したテーマパーク建設に専念し、新技術を使ってさまざまな角度からストーリーを提示して、淮安の不断のイノベーションを示している。

 ソース:The Publicity Department of Huai'an Municipal People's Government

 添付画像リンク:

 Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391761

 (写真説明:淮安の夜景)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus