話題・その他

伊藤忠商事が職場でのワクチン接種を21日に開始 社員ら7500人、明治安田も表明

 伊藤忠商事は2日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を21日に始めると発表した。希望する国内勤務の社員や業務委託先の社員ら約7500人に打つことを想定。8月中をめどに大半が2回目の接種を終える見込みという。

 明治安田生命保険も東京や大阪などで今月21日から接種する準備を進めると表明した。全日本空輸は同日の開始を目指すとし、三井物産は今月下旬から本店勤務社員の希望者を対象に始める。日産自動車やホンダは職場接種を実施する方向で検討している。

 伊藤忠によると、接種は東京本社と大阪本社で米モデルナ社製のワクチンを使い、伊藤忠の産業医や看護師らが行う。会場運営では、社員のボランティアを募る考えだ。接種を予定する約7500人のうち、約6000人は国内社員や東京本社ビルの警備、清掃といった業務の委託先社員らだ。事業所内保育所の運営を委託している企業の保育士約1500人も対象に含める。

 明治安田生命は東京都内に加え、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡の各市で準備。顧客に接する営業職員らを優先し、東京では月最大5000人の接種を見込む。

 全日空は羽田、成田発着の国際線に従事するパイロットや客室乗務員を優先する方針だ。国際線の運航は新型コロナの影響に伴う減便で原則、両空港に集約されている。

 日産とホンダは、職場接種の日程や対象者などについて今後決めるとした。ホンダは接種に伴う休暇制度の導入に向けて調整中で、自治体にも接種会場の提供や産業医らの派遣で協力している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus