金融

米富裕層「ほぼ税金を払ってない」 アマゾン創業者ら上位25人の納税記録判明か

 【ワシントン=塩原永久】非営利の米報道機関プロパブリカは8日、アマゾン・コム創業者のジェフ・ベゾス氏ら富裕層の納税記録を入手したと発表した。上位25人の総資産は2014~18年に計4010億ドル(約43兆円)増加したが、連邦所得税の支払額は136億ドルにとどまったと分析。膨大な資産を保有しながら「ほぼ税金を払っておらず、納税ゼロの年もあった」と指摘した。

 プロパブリカは機密扱いの米内国歳入庁(IRS)の記録を独自入手したとしている。対象はベゾス氏のほか、電気自動車(EV)大手テスラ創業者のイーロン・マスク氏、著名投資家ウォーレン・バフェット氏やジョージ・ソロス氏、報道機関のブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグ氏ら。

 富裕層が保有する株式などの資産は、売却して利益が確定しないと課税所得とみなされない。プロパブリカは上位25人について、米誌フォーブスの統計から推計した資産増加額に対し、納税記録で判明した連邦所得税の支払額を比較して、富の増加に対する「真の税率」を割り出した。

 それによると、25人の14~18年の真の税率は3・4%だった。ベゾス氏は増加資産が990億ドル、所得税の支払額が9億7300万ドルで、真の税率が0・98%だった。マスク氏は3・27%、バフェット氏は0・10%とした。ベゾス氏は07年と11年、損失や費用を計上して節税し、連邦所得税の支払いはゼロだった。マスク氏やソロス氏も納税しない年があった。

 一方、ホワイトハウスのサキ報道官は8日、プロパブリカの記録入手に関し、「(政府関係者が)機密情報を許可なく開示する行為は違法」と指摘。ロイター通信によると、IRSを外局とする財務省が、司法当局に捜査を要請した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus