メーカー

東芝テック、情報流出 仏、ベルギー現地法人で

 東芝子会社で販売時点情報管理(POS)システム事業を手掛ける東芝テックは10日、5月に公表した欧州子会社へのサイバー攻撃について、フランスとベルギーの現地法人計3社のサーバーから情報が流出したことを確認したと発表した。

 流出した情報の内容は調査中としている。現時点で顧客情報の流出は確認されていないという。

 情報を流出させないことなどの見返りに金銭を要求する「ランサムウエア」というコンピューターウイルスによる攻撃があった。要求の詳細は調査中だが、支払いに応じていないとしている。

 東芝テックへのサイバー攻撃をめぐっては、ロシア系のハッカー集団「ダークサイド」が犯行声明を出していた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus