訃報

作曲家、小林亜星さん死去 「寺内貫太郎一家」で俳優としても活躍

 「北の宿から」などを手がけた作曲家で、俳優としても活躍した小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため死去したことが14日、分かった。88歳だった。

 昭和7年、東京生まれ。慶応大医学部に入学したが経済学部に転部して卒業。作曲家の服部正に師事して作曲を学んだ。

 36年、レナウンのCM曲「ワンサカ娘」がヒットし、その後「日立の樹」「モクセイの花」「どこまでも行こう」などCMソングを多数、作曲した。「ひみつのアッコちゃん」「にんげんっていいな」などアニメソングの作曲も多い。全盛期には年間300曲を作曲しており、作曲総数は2千曲を超える。

 49年にはテレビドラマ「寺内貫太郎一家」の主人公、貫太郎役で俳優デビューし、巨体を生かした存在感のある演技でテレビや映画での出演も多数。一時は体重が110キロを超えており、53年に発足した大日本肥満者連盟(大ピ連)では初代会長を務めた。

 「ピンポンパン体操」でレコード大賞童謡賞を、「北の宿から」でレコード大賞を受賞。その他に「あわてんぼうのサンタクロース」「ガッチャマンの歌」「野に咲く花のように」「地平を駆ける獅子を見た」などの作曲も手がけた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus