自動車

ホンダ「オデッセイ」年内生産終了 ミニバンブームをリード

 ホンダは15日、ミニバン「オデッセイ」の生産を年内で終了すると明らかにした。初代オデッセイは1990年代にヒットし、ミニバンブームをリードしたが、近年は小型のミニバンなどに人気が移り、販売が落ち込んでいた。製造している狭山工場(埼玉県狭山市)を2021年度中に閉鎖することに伴い、生産停止を決めた。

 初代オデッセイは1994年10月に発売。6~7人乗りの広い車内とセダンのような快適な走行性能が珍しく、家族連れの顧客を中心に支持された。初代モデルは、95年に約12万5000台の販売台数を記録。しかし、その後は軽自動車のワゴンの登場などで、販売が次第に落ち込んだ。日本自動車販売協会連合会によると、5代目となる現行のオデッセイは、2020年の販売台数が9717台で登録車の中で47位。

 狭山工場で生産している高級セダン「レジェンド」に加え、燃料電池車(FCV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を展開する「クラリティ」も販売低迷で年内に生産を終える。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus