サービス

JR西、一時帰休を来月末まで延長

 JR西日本は17日、新型コロナウイルス流行に伴い2月から実施している社員の一時帰休を7月31日まで延長すると発表した。コロナ禍で鉄道需要が落ち込み、厳しい経営環境が続いているため。当初は2月末までの予定だったが、1カ月単位での延長を繰り返している。病院を除く全部門の社員約2万7800人が対象で、1日当たり約1100人が順番に休む。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus