テクノロジー

米地裁、フェイスブックの独禁法違反認めず 立証不十分で

 米連邦取引委員会(FTC)が交流サイト大手フェイスブック(FB)を独占禁止法(反トラスト法)違反の疑いで提訴していた裁判で、米首都ワシントンの連邦地裁は28日、市場独占の立証が不十分だとして訴えを認めなかった。巨大IT企業に対する規制強化を強める米当局にとって打撃となりそうだ。

 連邦地裁はFTCが30日以内に修正した訴状を再提出できる措置を取ったため、裁判は今後も続く可能性がある。

 FTCは昨年12月に提訴。FBが2012年に写真共有アプリ「インスタグラム」を、14年に通信アプリ「ワッツアップ」を次々買収したことが競争を阻害したと問題視し、売却を求めた。

 これに対し、連邦地裁は、FBが交流サイト市場を独占しているという主張について、市場シェアの計算方法が漠然としていると指摘した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus