金融

フィデアと東北銀が統合 来年10月、経営基盤強化

 仙台市に本社を置く地方銀行、フィデアホールディングス(HD)と盛岡市の東北銀行は2日、来年10月の経営統合に向け、協議を進めることで基本合意したと発表した。東北銀がフィデアの完全子会社となる。人口減少や超低金利の長期化で地銀の経営環境は悪化しており、統合による合理化でコスト削減や経営基盤の強化につなげる。

 フィデアHDは荘内銀行(山形県鶴岡市)と北都銀行(秋田市)を傘下に置く。東北3県を地盤とする地銀グループが誕生する。5月には青森銀行とみちのく銀行が経営統合の協議入りを発表、東北地方の地銀再編が本格化してきた。

 両社は来年2月に最終契約を結ぶ予定。株主総会を経て、来年10月1日に統合する。東北銀行は上場廃止となる。統合後の連結総資産は単純合算で4兆2429億円。店舗数は岩手、秋田、山形の3県を中心に149店となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus