金融

米FRB、量的緩和の縮小開始へ進展 前倒し予想も

 米連邦準備制度理事会(FRB)は7日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の6月の議事録を公開した。大量の国債などを買い入れている量的金融緩和策に関し、参加者は縮小開始の条件を「まだ満たしていない」と判断しつつも「進展が続く」との見通しを示した。

 複数の参加者は良好な経済指標を踏まえ、従来予想より「幾分早く」条件が達成されるとの予想を表明。また今後のFOMCで、量的緩和策縮小に関する議論をさらに進めることで合意した。市場関係者からは早ければ年内にも縮小が始まるとの見方が出ている。

 FRBは雇用最大化と物価上昇率の平均2%の目標に向けて「さらに著しい進展が見られるまで」現行の量的緩和策を続ける方針。一部参加者は「忍耐強くあるべきだ」と慎重な姿勢を示した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus