サービス

上半期ビール類、4社減少

 ビール大手4社の令和3年上半期(1~6月)のビール類販売実績が12日出そろった。新型コロナウイルス流行に伴う飲食店の休業や酒類提供休止が響いて業務用が苦戦し、各社とも前年同期比でマイナスとなった。

 発泡酒や第三のビールを含むビール類の販売数量は、キリンビールが2%減、サントリービールが11%減、サッポロビールが5%減だった。アサヒビールは売上金額ベースで8%減った。コロナ禍で販売が低調だった2年上半期と比べてさらに落ち込んだ。

 3年上半期は大都市圏を中心に緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置が適用され、業務用のたるや瓶の売れ行きが鈍った。昨年10月の酒税法改正で増税となった第三のビールの市場縮小も目立った。

 一方、健康志向の高まりに対応した家庭向け缶ビールの一角は好調だった。昨年10月に発売したキリンの「一番搾り 糖質ゼロ」は家飲み需要を取り込んでヒット商品になり、年間販売目標を上方修正した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus