テクノロジー

米で宇宙旅行へ試験成功 実業家ら6人、1時間飛行

 米宇宙旅行会社ヴァージンギャラクティックは11日、開発中の有人宇宙船で試験飛行を実施、目標の高度80キロ超に到達して無事帰還した。創業者で著名実業家のリチャード・ブランソン氏(70)ら同社の6人が搭乗、約1時間飛行した。既に米連邦航空局(FAA)から一般客を乗せる免許を取得しており、試験飛行を重ねて、来年の商業宇宙旅行の開始を目指す。

 宇宙船「スペースシップ2」は、米西部ニューメキシコ州に建設した宇宙港の滑走路から母船の飛行機に抱えられて離陸。上空で分離した後、ロケットエンジンを噴射して高度80キロ超を飛び、数分間の無重力を体験できる仕組み。

 これまで2014年に墜落事故でパイロット1人が死亡したが、宇宙船を改良して高度80キロ超の飛行に3回成功していた。ブランソン氏は英ヴァージン・グループの創始者。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus