テクノロジー

7月26日からワクチン接種証明申請受け付け 官房長官が発表

 加藤勝信官房長官は12日午前の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種履歴を示す証明書の市区町村窓口での申請受け付けを26日から始めると発表した。証明書について「当分の間、日本から一部の国や地域へ渡航する際に個別の申請に基づき発行する」と語った。

 加藤氏は「接種証明書を提示することで防疫措置の緩和などが認められる国や地域に渡航する場合に限り申請するようお願いする」とも述べた。対象国に関しては今後、外務省のホームページで随時更新すると説明し、申請時の確認を求めた。

 ワクチンを接種した際に住民票があった市区町村が発行し、申請書とパスポートなどの添付書類を提出する。自治体にもよるが、最速で即日発行も可能という。発行手数料は原則無料だが、郵送を希望した場合は郵送料の負担が必要となる。

 一方、証明書の国内での運用については慎重な姿勢を重ねて示した。加藤氏は、ワクチン接種は自らの判断で行うことが大切だとし、「接種の強制、接種の有無で不当な差別が生じることは適切ではない」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus