金融

三井住友FG、米金融に出資へ 400億円規模で資本提携

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は14日、米金融大手のジェフリーズ・ファイナンシャル・グループに出資し、資本提携を結ぶことを検討していると明らかにした。同社株の5%程度を取得する方針で、取得額は400億円規模になるとみられる。米国での証券事業の強化につなげる狙いがある。

 ジェフリーズは1962年創業で、証券業務を中心に展開する金融持ち株会社。企業向けの投資助言などの業務に力を入れている。2020年11月期の純利益は約7億7千万ドル(約850億円)だった。

 他の大手邦銀が先行して米金融機関と資本提携を結んでおり、三井住友FGもジェフリーズとの資本提携を通じ、米国事業のてこ入れを図る。中核子会社の三井住友銀行が株式を取得する方向で、詳細が決まり次第発表する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus