金融

気候変動対応の投融資制度に前向き 日銀、決定会合の議事要旨公表

 日銀は21日、6月に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。金融機関による気候変動に対応した投融資を促進する新制度の導入をめぐっては、1人の委員が「新たなイノベーションの機会を通じて潜在成長率の引き上げに寄与する可能性がある」と発言するなど前向きな意見が相次いだ。

 一方、何人かの委員は「日銀自身が個別の企業や事業がグリーンかどうかを判断することは、ミクロの資源配分に直接的に関与することになる」として、日銀が投融資の判断に関与することを回避すべきだと指摘。中立性に配慮して制度設計する必要があるとの認識を示した。

 この会合で導入を決めた新制度は、企業などへの気候変動関連の投融資を担う民間金融機関に対し、日銀が有利な条件で資金供給することが柱。年内をめどに導入する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus